Home > 恋愛そして結婚 > 人生の演出家

人生の演出家

 

なりたい自分、想像してみてください。

笑っていますか? 愛する人と一緒に幸せに家庭を築いていますか?

 

いろいろイメージが浮かびますよね。

 

それを強く思い続けてください。

書いてみるのもいいですよ。

10年後の自分、20年後の自分。

50年後の自分。

 

ちょっと無理かもと思わず、書いてみるんです。

 

想いがあなたをそこにつれていってくれますから。

思い続けること。

そしてそこへ行き着くために

「今出来ること」は何かを

逆算して考えてみてください。

そこに現実と理想のギャップがそこにはあるかもしれません。

でもそれはストレスになるかもしれませんが

あなたの夢に近づく一歩なのですから

自分からいろいろ工夫してみてください。

 

例えば、あなたが「マイホームを持つこと」が夢であったとしたら、

 

まず見学会にいってみたり

家の雑誌を買って「自分の住みたい家」をイメージしてみたり。。。。

そして、それに対して「貯金を計画」してみたり。。。

全てのステップが「わくわく」しますよね!

 

つまり、他人から言われたことを追うと

マイナスになってしまいますが

自分が幸せになりたいという純粋な気持ちから

生まれたイメージであれば、

その道中も楽しめます。

 

「想いを強く持ったら

今度は行動すること」。

 

多くの問題は、知識(知っている)ことと行動(動くこと)が

違うことで矛盾が発生して起こります。

 

自分から動かなければ

「計画」だけでは、あなたはその「目的地」に行くことができません。

 

もう一つ例をあげてみましょう。

あなたが「好きな人のために奇麗になりたい」と思ったら

ヘアサロンにいって自分磨きをしたり

健康な食事をとったり

いろいろ「行動へ」移していくことが必要です。

頭も使って、心で感じて

身体も動かすことで、あなたは夢へと近づいていきます。

そして、もう一つ。

人間は「飽きる」という習慣があります。

特にずっと長く一緒にいる人は、その大切さが見えなくなるときがあります。

 

当たり前のことになってしまい、「ありがたみ」が

見えにくくなってしまい、逆に自分のエゴが満たされないもの(相手の言葉や行動)ばかりに

目がいってしまいます。

 

例えば、家庭内が退屈で楽しくないというマイナスの感情があるとしましょう。

家族が、夫が私を幸せにしてくれないという「相手に依存するような」立場にいると、

あなたのマイナス感情が消えることはありません。

それを「私が家族を幸せにしたい/私も家族と幸せになりたい」という「自分発信」に想いを変えて、行動であらわすと

 

「皆が幸せ」になっていく変化がとても早く訪れます。

 

全ては「あなたから始めること」で

変わっていきます。

 

誰かがそうしてくれるのではなく、あなた自身が「その変化の源」と

なるのです。

 

面白くないつまらない関係にあるならば

イベントを計画したり、旅行にいったり

楽しくする工夫をしましょう。

 

それはあなた自身の「一日の過ごし方」にもいえることです。

あなたの「人生の生き方」にもいえることです。

 

ぜひ、人生という舞台の「演出家」になってみましょう。

そうすれば、いろいろな「違った景色が」みえてきますよ。

 

「あきないようにするのがあきない」(笑)

 

あなたがパートナーとコミュニケーションが足りないと思ったら

あなたからレストランに誘ってみる

映画を見て一緒に話をしてみる。

あなた自身がちょっと「演出家」なってみてください。

ライフデザイナーとなるのです。

 

ちょっとした「イベント」を作って

一緒に楽しんでみてください。

そうそう、まずはあなた自身が楽しめること。

 

相手に楽しんでもらうことが自分の幸せ。。。というのも献身的でいいですが、

あなたが嬉しくないことで相手を喜ばせることは、実は不可能なのです。

 

そして何よりも

自分がしたいこと、楽しいことを大切にしてください。

恋愛や結婚をすると、だんだんと「依存」すなわち

「他人を中心に回る生き方」になってしまうケースが多いです。

 

彼(夫)が私を幸せにしてくれる。

 

このため、自分がやりたいこと

友達との楽しい時間、自分の趣味を減らしてしまうのはよくありません。

 

幸せは内側からあふれてくるものです。

そしてそれは「外の世界」「周りの人々」へと

流れていきます。

あなた自身が「演出家」となることで

自分の良さを活かして、相手の良さも活かして

人生という舞台がより面白くなりますよ。