Home > 恋愛そして結婚 > ことばのパワー

ことばのパワー

 

あなたは、毎日どのような言葉を選んで

どのような言葉を話していますか?

 

言葉には、あなたの「内側」が現れます。

そして「それと同じ物」を引き寄せます。

 

愛のある言葉を話していますか?

相手を幸せにできるような、

自分も幸せになれるような言葉を使っていますか?

 

そのまえに「あなたの心の状態」をちょっと見てみましょう。

 

あなたは今幸せですか?

満たされていますか?

なぜなら、あなたが満たされてこそ、相手を満たすことができるのです。

自分の中にある愛は、必ず周りの人も幸せにしていきます。

だからこそ、「彼が私を幸せにしてくれる」というような願いから

「私そのものが幸せになる」へと変わっていくと奇跡がおこりますよ。

これは本当です。

自分を大切にすることで

相手を大切にする余裕も出てきます。

 

でも自分を大切にしなければ

あなたの中には余裕がありません。

よって言葉も必然的に影響をうけてしまいます。

 

ここでちょっと例をあげますね。

「彼は、やさしくない」

「彼は、気が利かない」

 

これって、本当に事実ですか?

今あなたが立っている位置から一歩下がって

もう一度よく考えてみてください。

 

それは、あなたの主観であって

事実ではないことが多いのです。

 

彼はやさしくないと思うかもしれませんが

電車ではお年寄りに席を譲る人かもしれません。

気が利かないと思っても、時間通りに

約束は守る人かもしれません。

 

つまり、言葉(とくにこの形容詞の部分)は

事実ではなく、主観であることが多いのです。

 

言葉は、感情を伝えるツールであって

事実そのものではないこと。

これを理解しなければ、あなたは、

「自分を幸せにしてほしいニーズのため」に

「マイナスのことがばかり

伝えてしまって、相手は逃げていってしまいます。

 

気が利かない、お金を稼がない、役に立たない。。。

 

自分が言われてどうですか?

決して嬉しい言葉でなければ、相手にとっても

嬉しいはずはありません。

 

相手はあなたを幸せにするために、そばにいるのではないのです。

あなたと一緒に「幸せを共有するために」いるのであって

彼が「あなたの幸せ」を運んでくるわけではありません。

 

まずは、心の中を整えましょう。

美しいイメージで満たしてあげるのです。

あなた自身に対するイメージ(セルフイメージ)や、

パートナーと一緒に生きていく人生のイメージを美しく整えてあげましょう。

なりたい自分、彼と一緒に幸せに暮らす自分。。。

それをイメージしたら

今度は美しい言葉を使いましょう。

 

つまり美しい言葉を選んで美しく表現することが

幸せの秘訣なのです。

 

あなたは、目の前のことを処理するだけに生まれてきたのでは

ありません。目の前に起こることは、あなたが幸せになるために

「出来事」として用意されているもの。

 

あなたが出会う人は、あなたがもっと幸せになるために

用意された人々。

 

あまたは常に見られているのです。見守られているのです。

あなたの上には「天」があって

そこには、大きな宇宙がひろがっています。

 

そしてあなたは、実はその一部なのです。

そして内なる声は、その「天からのメッセージ」を

キャッチして、あなたに伝えようといつも

話しかけています。

 

問題が起こる場合は

大体が、あなたが内なる声を聞いていないとき。

あなたに気づいてほしいから

問題や障害を用意してくれている。

そう思うと、乗り越えられない「問題や障害」は

現れないということになります。

 

そうなんです、全て起こることは

あなただから用意されたこと。

そしてその裏には、必ず意味があって

その意味を知ることが、あなたの幸せへの道案内。

 

彼が「完璧じゃない」かもしれませんが

そんな完璧な人なんていません。

 

誰だっていいところ、悪いところ

持っています。

だからお互いが「成長するために」必要なんです。

 

自分の心の中を整えて

自分のセルフイメージを整えて

美しい言葉を使って

相手に伝えましょう。

 

とくに女性は「思ったことを」そのまま

流れるように吐き出してしまうときがありますね。

 

女性は、たくさんの感情をもっています。

しかし、思い出してください。

 

感情はあくまでも主観的なものであって

事実ではありません。

 

あなたの感情に流された言葉は

時として相手の自尊心を傷つけてしまいます。

 

人は自尊心を傷つけられるのがとってもいやです。

事実でもない「見えないもの」を

個体にして相手にぶつけているようなものです。

 

優しさをあなたの中にひろげましょう。

そのためには、自分に対して優しくあること。

 

幸せをあなたの中にひろげましょう。

そのためには、あなた自身が幸せの源となること。

 

想いを美しくすることで

あなた自身が美しくなっていきます。

 

そして波動(エネルギー)となって

相手にも周りにも伝わります。

 

だからこそ感情的なときは、「ゆっくり話すこと」

今の30倍遅くてもいいです。

 

早口で話すと、思ったことだけを出してしまうので

本来の「もっと大切なこと」を忘れがちになっていまいます。

目の前のことで精一杯なときは、人生の広大さが見えません。

 

常に思い出してください。

一歩下がって客観視すると

あなたの言葉遣いに気づきます。

 

幸せになるために

まわりを幸せにするために

生まれてきたことに気づくでしょう。

 

そしてあなたの目の前にいる人も

あなたと同様に「幸せになるために」

生きているのですよ。